第20弾 震撼!究極パワー発動

 1994年9月発売。
 ドラゴンボールZシリーズ第18弾にして、DP編第11弾。
 新章「悟飯編」第4章。破壊王同士の対決。無邪気に破壊を楽しむブウと、守るために戦うことを決意した破壊王子ベジータ。悟空は超サイヤ人の壁をさらに超え、超サイヤ人3として発進する。しかしそれでも止まらない魔人ブウの進撃。
 主人公である悟飯は結局、最高の力である超2になれずじまいで一旦退場する羽目になり、界王神界でゼットソードを抜いて再起をかけるが、果たして? 同時に、悟天とトランクスがフュージョンの修行に入った。
 この弾でドラゴンボールカードダスが発行10億枚を突破し、記念の特製両面プリズム(2枚組)が登場。DPは3000を超え、戦闘力的には未曾有の“兆”スケールに突入。ドラゴンボール世界のインフレーションはますます加速していく。 






wiki目次



  • 最終更新:2014-07-31 17:57:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード