ドラゴンボールカードダス本弾・BPリスト とは

 カードダスBP資料館。


wiki目次



ドラゴンボールカードダス本弾

 1988年11月、バンダイから発売されたドラゴンボールのトレーディングカードゲーム。ドラゴンボールGTまで30弾を数え、1997年9月発売の「特別弾」をもって最終31弾となった。数あるドラゴンボールカードダスの中でも最も中心的なシリーズとして位置付けることができ、『本弾』の名で親しまれる。
 21世紀に入り、よりゲーム性を増した「データカードダス」としてDBカードダスが復活。
 CARDGAME、超CARDGAME、ドラゴンボールZ、ドラゴンボールZ2、爆裂IMPACT、W爆裂IMPACT、ドラゴンバトラーズ、ミラクルバトルカードダス―。2017年現在では、『ドラゴンボールヒーローズ』に発展継承され、カードダス本弾の息吹は脈々と新しい時代を流れ続けている。
 

BP

 「Buttle Power」、すなわち戦闘力(戦闘能力)のこと。(海外では「Power Level」という表記が一般的。戦闘力は「combat power」あるいは「fighting strength」と訳したほうが意味が伝わりやすいようだ)
 戦闘力は、サイヤ人編からフリーザ編にかけて、キャラクターの強さを示す数値として使用された。「気」(生命エネルギー)と同義であり、格闘技術ではなく、生物としての生命力の高さをストレートに表したもの。単純にパワーと置き換えてもよい。
 カードダスではゲームの勝敗を決めるポイントとして、BP(バトルポイント)が採用されている(当然、数値の大きいほうが勝ち)。全部が全部、アニメや原作と合致する数値とはいえないが、本編の戦闘力を推測する上で参考になる部分がある。
 このwikiでは、公式の戦闘力資料としてカードダスのBPを一覧(リスト)にまとめたい。

(2009年12月発売開始のミラクルバトルカードダス「ドラゴンボール改」でもBPが採用されているが、完全にゲームシステム上のオリジナル数値で、DB本編戦闘力の参考にはならない)


DP

 「Destroyed Power」(デストロイド・パワー)、つまり破壊力のこと。人造人間編に突入した第10弾から、それまでのBP(バトルポイント)に代わりDPが導入された。本編の戦闘力を求める上での参考にはなりにくいが、一応リストとしてまとめておく。


関連リンク




  • 最終更新:2017-02-04 14:30:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード